サテマガBI/SSK共催セミナーのご案内
新社会システム総合研究所(SSK)とサテマガ・ビー・アイが共同開催している、デジタルメディアビジネスに特化したセミナーが、以下のテーマで2017年2月10日(金)に開催されます。
ケーブルテレビの海外展開 地域コンテンツの可能性
講師には、豊嶋 基暢(総務省 情報流通行政局 情報通信作品振興課(コンテンツ振興課) 課長、松浦 隆一氏((株)秋田ケーブルテレビ 代表取締役社長)、丸山 康照氏(須高ケーブルテレビ(株) 代表取締役社長)、白石 成人氏((株)愛媛CATV 常務取締役)をお招きしております。
本セミナーは、毎回一人でも多くの皆さまにお越しいただけるようご優待特別価格をご用意しました。
セミナーの詳細と優待特別価格でのお申し込みはコチラからお願いします。

News&Topics CS/BS/ケーブルテレビ等 最新ニュース

記事本文は、月刊『B-maga』定期購読者向けの週1回メールニュースで配信。

1月16日配信ニュース

  • ひかりTV、テレビ東京のドラマ24を地上波放送後に4K-VODで先行提供(17.1.13)
  • スペースシャワーTV、レギュラー番組『モンスターロック』で、ONE OK ROCKのマンスリー企画をオンエア(17.1.13)
  • dTV、「『新宿スワンII』スペシャルライブ〜SSIISL〜」を最速独占配信(17.1.13)
  • 東北新社、「eAT2017 in KANAZAWA」をサポート(17.1.13)
  • ソニー・ミュージックとイッツコム、3月に「〜カラダを動かす、デジタル体験〜!デジタルフェスタ2017」開催(17.1.13)
  • サイバーエージェント、Momentumが連携し、ネット広告サービスにおけるブランド価値毀損を回避(17.1.13)
  • NTTぷらら、映像コンテスト「CREATORS CHALLENGE」を開催(17.1.12)
  • 朋栄、A-PUB主催「4K制作ワークショップ」に機材展示(17.1.12)
  • スペースシャワーTV、「SPACE SHOWER NEW FORCE」の選出アーティスト発表(17.1.12)
  • キヤノン、16年の米国特許数で日本企業最多(17.1.12)
  • Hulu、「NFL」の模様をリアルタイム配信(17.1.12)
  • GAORA SPORTS、大谷翔平と三浦大輔の対談番組放送(17.1.12)
  • ソニー、イベント会場限定の映像コンテンツ販売プラットフォームを開始(17.1.11)
  • 4K・8K実用放送事業者認定で電監審が答申(17.1.11)
  • WOWOW、ドキュメンタリー『WHO I AM』をヨコハマ・フットボール映画祭で上映(17.1.11)
  • 神奈川県ケーブルテレビ協議会、B.LEAGUEを放送開始(17.1.11)
  • VIPO、「AI著作権の攻略法」セミナーを開催(17.1.11)
  • MTV、DNCEを3カ月連続特集(17.1.11)
  • Hulu、年間視聴者数ランキングを発表(17.1.11)
  • スカパー、『モノクラ〜ベ シーズン7』を放送開始(17.1.10)
  • FOX、「FOXオールスター“神”放送祭り」を実施(17.1.10)
  • 日本ケーブルラボ、「第8回ラボワークショップ」を開催(17.1.10)
  • 「ケーブルテレビ テクノフェア 2017」が2月開催(17.1.10)
  • J:COM、糸魚川市大規模火災の被災地支援で募金オンデマンドを実施(17.1.10)
  • 「第74回ゴールデン・グローブ賞」受賞結果が発表(17.1.9)
  • MORE

月刊B-maga 最新号

1月号(1/10発行)

B-maga 1月号
立ち読み
電子書籍購入
購入
amazonで購入

■特集
キーパーソンが語る
ケーブルテレビの未来展望

−日本ケーブルテレビ連盟 理事長:吉崎正弘氏
−ジュピターテレコム 代表取締役会長:佐々木新一氏・代表取締役社長:牧 俊夫氏
−中海テレビ放送 代表取締役社長:加藤典裕氏
−ジャパンケーブルキャスト 代表取締役社長:大熊茂隆氏

メディア展望 4K・8K普及に向けて
放送サービス高度化推進協会

■Company Focus
THK

町歩き

※旅チャンネルで放送中の『榊原郁恵の町のお嬢さん』。
月刊『B-maga』では、郁恵さんが訪れた地の思い出を綴っています。

おすすめ・最新刊

メディア融合時代到来!
立ち読み
購入
amazonで購入

メディア融合時代到来! 【コンテンツ至上主義】視聴者が「選ぶ」メディアは?NEW

定価2,200円(税別)
2016年12月25日発行
多チャンネル放送研究所は2008年10月の設立以来、多チャンネル放送の在り方を探るべく、さまざまな調査および研究を行なってきた。そして2015年度には、「多チャンネル放送実態調査」と「有料動画配信サービスの利用実態調査」を実施し、同調査結果をまとめた。本書は、多チャンネル放送研究所の協力により、両調査結果をもとに、多チャンネルおよび周辺ビジネスの現状と今後について考察した。 急速に台頭してきた有料動画配信サービス(OTT)の利用実態や、その潜在的ニーズ等を明らかにするとともに、多チャンネル放送に与える影響、多チャンネル放送とOTTとの関係等を分析。メディア融合時代の多チャンネル放送の今と未来を読み解く。

ケーブル年鑑2017
立ち読み
購入
amazonで購入

『ケーブル年鑑2017』NEW

15,000円(税込・送料込)
2016年10月15日発行
創刊25年目を迎えた日本で唯一のケーブルテレビデータ集。全国主要ケーブルテレビ局(338局)とMSOの会社概要・加入状況・システム概要・サービス概要等のデータを網羅。

≫CD-ROM版(30,000円(税込・送料込))も
同時発売!

≫【お得なセット販売】
ケーブル年鑑+CD-ROM版(38,000円(税込・送料込))もぜひご利用ください!

  • ケーブル技術者機器チェック
  • ご意見募集
  • サテマガBiからのお知らせ
  • リンク集